葬儀の準備をスムーズに進める

ふさわしいプランを選択しよう

リッチな葬儀にしたい

普通の葬儀は、参列者が100人ぐらいになります。
ですが友人の多い人や、会社で重要な役割を担っていた人はそれ以上の参列者が来ることが考えられます。
大規模な葬儀を選択することもできるので、合うタイプを選択してください。
規模によって、会場の大きさが変わります。
たくさんの人が来てくれたのに、一般的な会場だと参列することができなくなります。

前もって、どのくらいの人数が葬儀に来るのか考えてください。
するとふさわしいプランが見つかるはずです。
自分で判断できなくても、スタッフに生前個人はこのような仕事をしていて、このぐらいの友人がいるといえばふさわしい規模を紹介してくれます。
正しい選択ができるので、分からなかったら聞きましょう。

小規模な葬儀ができる

友人がそんなに多くない人は、小規模な葬儀にしても良いと思います。規模が小さいと、場所代が安くなる部分がメリットです。
また参列者に気を遣わなくても良いので、ゆっくり故人と別れることができる部分も好まれています。
参列者がたくさんいると、対応に追われてお悔やみを言う時間がなくなってしまうかもしれません。

小規模な葬儀にすると、参列者は親戚ばかりなので緊張することもありません。
自分の親が無くなった場合は、ゆっくり別れを告げたいと思う人が多いと思います。
その時は、家族葬などを選択しましょう。
家族葬なら、親戚や家族しか参加できません。
近所の人なども参加できないので、参列者を気にしないで葬儀を進めることができます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る